薪割機・薪ス トーブ・アクセサリー・通販サイ ト

Blaze King Stove Corp.正規日本総代理店
Cylinder Stove Corp.正規日本総代理店
SpeeCo Corp.Japan by Sunfire Ltd.
TEL0267-64-1119
FAX:0267-62-8900(24時間対応)

ストーブの知識  Blaze King Stove by Sun Fire Ltd.


 火を扱うストーブは、一つ誤ると火災の原因になってしまいます。そこで、ストーブ本体と煙突についての基礎知識を学び、実際にご自宅に導入するプランニングに、お役立てください。
結論を先に申し上げれば、薪ストーブの性能は煙突の構造・施工方法次第なのです。このページを一通りお読みいただければストーブの位置・煙突の種類を決定できると思います。(「ストーブと煙突の配置寸法」については、こちらをご覧下さい。)
煙突の構造   煙突の規定  
煙突の種類 導入チェック

☆煙突の構造




ご覧のように、ストーブ本体から垂直に煙突を出しています。このような垂直構造の煙突が、最も効率が良いのです。
  • 1.シングル煙突
    ストーブ内の燃焼熱は、ストーブ本体からと、この煙突部分から放出されます。ストーブの燃焼効率が高いため、煙突からの熱は多くありませんが、火傷などの危険性を避けるため、室内用二重煙突のご利用をお奨めします。
    この図面はログハウスの断面図です。ログハウスの壁は木で構成されており、その壁の高さは乾湿の度合いに応じて変化します。
    ログハウスにストーブを設置する場合は、壁高の変化に対応できるよう、スライド可能な構造にしてください。ログハウス以外のRCや、在来工法の家ではその必要はありません。
  • 2.二重煙突
    角煙突の内部や屋根裏の見えない部分は、断熱二重煙突を使用します。
    又、角煙突の内側は不燃の石膏ボードを貼って、より安全性を高めます。
  • 3.角トップと丸トップ
    「角トップ」は見映えを重視し、「丸トップ」は風避けを重視した外観・構造になっています。
    煙突に直接風が当たれば、排煙効率が減少しますので、角トップより丸トップをお薦めします。
 

↑ PAGE TOP


☆☆煙突の規定


  • 1.煙突が棟近くにある場合
    棟の最高高さより、0.9m以上煙突を上げる。
  • 2.煙突が棟から離れる場合
    煙突と屋根面の水平距離3mの距離をとった所で、0.6mさらに煙突を上げる。

↑ PAGE TOP


☆☆☆煙突の種類


  • 1.屋根出し煙突
    この煙突は雪の多く降る地方ではお勧めできませんが、とてもシンプルな煙突です。
    室内側はシングル煙突ですが、屋根にかかる部分と室外は二重煙突で構成されています。
    室外の煙突は、結露防止の為にも二重煙突をお薦めします。室外部分をシングル煙突で施工した場合、結露により発生する滴れ水が大敵だからです。この結露した水にタール分が含まれ、それが屋根葺材を傷めたり、軒下部分を黒化する原因となります。
  • 2.横出し煙突
    完成後の家にストーブを付ける場合に使われる煙突です。煙突が出る壁の部分は、めがね石と呼ばれる物を埋め込みます。めがね石は煙突用の穴が開けられており、煙突はそこから外部に出します。
    これもあまり雪の多い場所では、お薦めできません。ただ、図で示すように勾配側壁に付けるのではなく、妻側壁に出せば、比較的雪による心配は少なくなります。
    煙は高い方に行きます。従って、横距離はできるだけ短い方が効率は良くなります。

↑ PAGE TOP


☆☆☆☆導入チェック


薪ストーブを導入できるかのチェック
  • 1.床の強度
    ストーブ本体・煙突・レンガ台等含め、概ね400Kg程度が総重量になります。この荷重がストーブ付近に掛かりますので、床や根太等の強度が十分かチェックしてください。
    新築の場合、ストーブ付近に独立基礎を設けたり、スラブを打ってください。改築でストーブを導入する場合は、束を立てる等の補強が必要です。
  • 2.隣近所が密集していませんか
    多くの薪ストーブは、煙を出さないよう設計されていますが、全く出ない訳ではありません。
    着火時や最小燃焼時等は、完全燃焼時より煙は多くなります。ご近所への配慮が必要です。
  • 3.薪を造る根性がありますか
    薪ストーブの燃料は”薪”です。経済的に余裕のある方は、お近くの燃料店などでお求めください。とはいうものの、毎日の薪は相当な量になります。やはり経済性を考えると、伐採された長い原木が一番です。薪ストーブを設置したら、チェーンソー・斧程度は必要になります。最近では「薪割機」を備える合理的なお客様も増えてきました。薪造りを頑張って、ストーブ生活を楽しんでください。

↑ PAGE TOP